ひかり

石積みの上は竹垣です。しかし電線があるので植栽工事が終わってから最終的に施工しなければなりません。

石張りテラス、犬走り、植栽の順で進めていきます。

  

HOME |会社紹介・自己紹介 |庭園紹介庭のご依頼|お問い合わせがんばれ庭屋のブログリンク

 先代から受け継がれリフォームされた日本家屋。先代は2階でお蚕を飼っていたそうです。この辺りには当たり前にあったお宅、やはり風土にマッチした違和感のない建物です。

 私がお邪魔させていただいたのがリフォームされたばかりで、隠れていた建物内の梁を生かして見せるようになっていました。漆喰壁の白と柱の黒色がとてもいい雰囲気です。

そんな建物を生かすような庭造りをゆったりした空間を演出するように心掛けました。


美濃加茂市    H邸在は

関市と合併)

植栽するとこんなやわらかいイメージに変わります。夏頃までには苔も落ち着くでしょう。

春祭りには植栽も終わり、いよいよ竹垣施工です。

山石を使い滝組風に施工しました。

石臼はお宅にあったものを利用しました。

道路工事と重なりましたので、ありがたいことに道路から工事が進められます。    

庭園内(高いところ)から石積みをすると非常に施工しにくいのです。通行止め規制されていたので
舗装前に業者さんに無理言って後期ギリギリまで舗装を先延ばししていただきました。

ありがたいことでした。

目地は5分以下で揃えます。
深目地の黒目地鏝仕上げです。

今回3か月程かかったこのお庭、お施主様にも長期にわたりご迷惑をおかけしましたが。私の納得いく仕事ができましたこと改めて御礼申し上げます。

〒505-0022
岐阜県美濃加茂市川合町1-15-31

 まずは石積み工事からです。最近はブロック塀が目立ち石積みをされる方も減っております。
   
しかしながら、やっぱり石積みはいいものです、自然の石のバランスや個性があり経年の変化で味わいが増しますね。石積みの総延長34m積み甲斐があります。

家族や身内が寄ってくつろぎの空間を。ゆったりとしたテラスに仕上げました。

(赤御影石バーナー仕上げの特注品。)

庭園作品集TOP

ひのき丸太への胴縁は丁寧に丸のみで削りながら付けてあります。石積みの延長そのまま34m、見栄えがいいですね。

手作りの御影束石に東濃ひのきの丸太を乗せ。アンカーで留めてあります。1本おきに控えの柱もあります。

屋根裏板までひのきで屋根は銅板ではなく鋼板仕上げ。
尺5寸(45センチ)ほどの幅がります。丸太とのバランスで屋根幅を考えました。